忍者ブログ
堅苦しい事を書いている訳でもないのでテキトーな名前に改名。
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルはパンプキン・シザーズより。
避けはしないけど防御行動は取ってるんじゃなかろうか。
と、強酸弾のシーンを見て思った。完全な無防備ではない、と。

>【巨人と救世主】
朝から今まで講義がありました。
今から書きます。
もはや後方など見えぬ。

22kbまでなんとか。
途中で分岐なんて作るから進まないんだッ!

>シナリオ感想
むーざんむーざん。

■抱くホーリー・マザー・グレイル 最終話まで

更新シナリオのところで完結したとの情報を得、「マザー」だった頃にプレイしてそのままだったのを思い出しせっかくだから最後までやってみる事に。
設定/性格改変がある事についてはReadmeファイルに明記されているので、気になる人はプレイしない方が安全です。

・シナリオ
原作改変似非月姫風シナリオとジャンル分けされておられる通り、参戦作品の月姫・空の境界・Fateのギミックが前面に出ているシナリオになっています。
反面、フルメタルパニック!のミリタリー分(というべきか?)はほとんどないという感じ。
また、シナリオの流れは戦闘メインの方向に寄っていると感じました。読ませる事がメインじゃないよー……のような。
それでも十分以上に読み応えがある辺りが凄い。手慣れた印象を受ける作りになっております。

・システム
「ルーンカード生成」が魅力的です。
主人公役の相良宗介は、ルーンカードを装備しないと攻撃手段がかなり限定されるので、このシステムはかなり重要。
更に特定の単語に反応して特殊ルーンが出来たりするので、サプライズ分もたっぷり。
使えるルーンカードを狙って色々な単語を試してみたりしてましたよ!
……まあ無駄にもったいながってあんまり生成しなかったのも事実だけどさー

・戦闘
正直に言うと、ヘタレプレイヤーの私には結構辛いステージが多かったです。
前述のルーンカードを多く手に入れるにはボーナス条件を満たす必要があるのですが、それを狙うと更に難しく。
狙うなよって話ですけどね。ボーナス条件自体はそれとなく提示される場合が多いので、全然わからないよ!って事はあまり無いと思います。
割と独自バランスになっている(これもReadmeファイルにありましたが)のですが、ストレスに繋がるような事もない程度。
一部敵キャラのせいでストレス溜まったりもしましたけど自業自得。
かてーわHP回復するわもう大変。


・まとめ
原作しか認めない派の人はプレイすべきではありません。
ある程度原作についての知識がある程度でも話の内容は理解できる、というのが強みかも。
楽しんでプレイできた作品でした。楽しい物は楽しい。


なんかぐだぐだな感想だけども。こんな感じ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/21)
(10/10)
(09/26)
プロフィール
HN:
rapid
性別:
男性
自己紹介:
まるでゴミのようだ!と言われそうな人間。
テレビがない=時代遅れ そんな典型的な生活を送る。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/17)
(04/17)
(04/18)
(04/19)
(04/20)
(04/22)
忍者ブログ [PR]