忍者ブログ
堅苦しい事を書いている訳でもないのでテキトーな名前に改名。
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レポートとか多すぎるんだよマジで。
今週四つもあるとかなんだろーねーマージでー。
よーし
適当にやるぜー
適当にやれ!と言われた時に、本当に適当にやる奴はピーナツ野郎だって本田さんが言ってた。
本当は適切に当たれという意味で適当なんだ。
だが俺はテキトーにやるぜ。

>シナリオ感想
・機動戦車レオ 最終話まで

今更?と言われるかもしれないが
もともと今更感溢れる流行に乗り遅れ人間だから日常茶飯事なんだよね!

はいシナリオ本編の感想!
話の筋に関してはもう書きません。プレイしておくれ!
すげー綺麗に纏めてきたなー、というのが第一印象でした。
続編に繋げようと思えば、いくらでも繋げられる要素はあるけれど。
一つの物語の終わりとしては美しい終わり方と言えるでしょう。

個人的には青春青春してる部分はちょっと苦手でしたけどね!
なんというかこっぱずかしい気持ちになっちゃうとかどうなんだろうね。
それぐらい感情を持って見られるキャラクター達だった、という事だきっと。
うん。いいねー。

あと、気になったのはちょっと思想色が強かったところでしょうか。
なんというか、キャラクター達本人もそう思っているのだけれど、その陰からちょいちょいと作り手の思想が滲んでるかな?と思いました、ほんのちょっとだけど。
作品のアクとしては良い事でもあり、人を選ぶ要因になるという意味では悪い事でもあるかなー、と。
まあ気にしすぎてるだけ、というのが一番正解っぽい。自分が。


総括。
すげー良い終わり方をした、良い作品だと思いますよ!
ゲームにまで思想排斥を持ち込まない方ならきっと楽しめる作品なはず。断言は出来ないけど。
万人が楽しめる作品かどうかを、一個人の視点から言い切るのは無理だって。やっぱり。
用語とか解説もあったりしてかなりリアルっぽいかと思いきや、シナリオの事件そのものはだんだんジュブナイル系に移行していくので、「えー、なんか現実兵器ものって地味くさーい」とか言う食わず嫌いな方も是非プレイしてみる事をオススメしたりはできる!

そんな作品だと思う次第でございました。
あと微妙に屋久戸が報われたのか報われてないのかわからない、と思うのは私だけだろうか。
最後の締めの言葉で思わず吹いちまったぜ!

そんな感じで!
次回作期待してます!
リレーはどうなんだろ。リレーものはプレイした事ないからわかんねーや!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
拍手ではURLを送れなかったのでコメント欄に失礼します。
製作頑張ってください。では。
ヒガタ URL 2006/12/13(Wed)17:41:43 編集
なんだかもうありがとうございます!
正直な話、感動しました。複数の意味で。
わざわざ拙作にこのような素晴らしいものをお作り頂いた事に対して驚きと感銘を隠し得ません。
何か代償トラップなどあるのかと周囲を思わず見回しそうになったのも仕様です。

プレイして頂いているという事も含めて本当にありがとうございました!
rapid 2006/12/13(Wed)18:49:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/21)
(10/10)
(09/26)
プロフィール
HN:
rapid
性別:
男性
自己紹介:
まるでゴミのようだ!と言われそうな人間。
テレビがない=時代遅れ そんな典型的な生活を送る。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/17)
(04/17)
(04/18)
(04/19)
(04/20)
(04/22)
忍者ブログ [PR]