忍者ブログ
堅苦しい事を書いている訳でもないのでテキトーな名前に改名。
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シナリオ書く暇はあっても意欲が足りないぜ!
なんだろうなあこの虚脱感。

>シナリオ感想

■機動戦車レオ 5話

はい。毎週楽しみにしているシナリオです。
定期的にリリースされるっていうのは、やっぱり好感が持てる所。見習いたいものです。

今回は休日に起きたお話。堤河曹長の背景にスポットを当てたストーリー構成になっています。
流れそのものには不自然な部分もなく、すらすらと読めていけるのが好感触。
戦車で敵本拠を破壊しようとしてるヤクザAがステキすぎる。
スポットが当たっている堤河曹長だけでなく、悩める友人の背中を後押しする本荘三尉、正確な狙撃の腕で活躍した間臼一曹など男性勢の格好良さが目立っていたように思える。
それなりに年季が入ってるという事がわかる渋さに琴線を刺激された。いいなあ。
だが若いの、テメーはダメだ(酷い事を言ってる)

しかし全体の流れには影響しないものの、一部ネタなのかどうなのか迷う部分もある。
・案外すんなり基地に入れちゃう変装したヤクザ達。
・戦車の在処を聞かれて特に疑いも持たずあっさり教えてしまう間臼一曹。
・討ち入りだからといって配られるカラシニコフ(自動小銃)

特に最後のは思わずカラシニコフかよと突っ込んでしまうぐらいネタっぽかった。
きっと実弾じゃなくてゴム弾か何かが入っているに違いないと脳内保管。

まあ、「SRCシナリオ(フィクション)だから」と言ってしまえばそれまでなので。
細かいところまで気にしてしまう性格だから違和感を感じただけかもしれない。


戦闘パートは盗まれた戦車に追いつけ追いつけというもの。
精神コマンドを使っても一度失敗した私。神速を使っても本荘車では追いつくのが難しい気もする。
6ターンギリギリまでかかってなんとか接近。
物語重視な戦闘パートだったので、こういうあっさり感でも良いかなーと思います。


全体的にいつもより短く感じたけれど、楽しく遊ばせて頂きました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/21)
(10/10)
(09/26)
プロフィール
HN:
rapid
性別:
男性
自己紹介:
まるでゴミのようだ!と言われそうな人間。
テレビがない=時代遅れ そんな典型的な生活を送る。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/17)
(04/17)
(04/18)
(04/19)
(04/20)
(04/22)
忍者ブログ [PR]